発汗の原因と治療法

人は体温が上がると汗を流して熱を下げようとし、また緊張やストレスも発汗の原因になります。それが多汗症です。多汗症の症状が現れやすいのは手のひらや足の裏、腋の下、額などの汗腺が密集している部分です。まずは医療機関にて症状を診断してもらい、その上で医師と相談し具体的な治療方法を考えて行きましょう。

 

一般的に、塗り薬、注射薬、飲み薬、手術などの方法があり、それ以外にも、レーザー療法、精神療法などがありますので自分に合った治療法を見つけて行きましょう。

 

多汗症の治療方法には様々な方法がありますが、メリットやデメリットがあります。代表的な治療方法に剪除法というのがあり、皮膚を切り開いて多汗症の原因である汗腺を取り除く方法です。

 

これは担当医が直接施術を行う為、高確率で汗腺を取り除けるだけでなく再発がほぼないのが大きなメリットです。しかし、それは技術や経験が備わっていればの話です。よって備わっていなければ再発する可能性もありますし、傷跡も目立ちやすくなります。

多汗症について、もっと詳しく知りたい方はコチラをどうぞ