日本人にとってのお金の貸し借り

日常の中でお金の貸し借りというのは頻繁に起こることだと思います。買い物をする際にまとめて買ってもらう、数人分のチケットを事前に買う場合の立て替えなどの些細なことから、直接お金を貸して欲しいと言われることまでシチュエーションは様々あります。
しかしこう言った場合、日本人はお金を返して欲しいと相手に伝えることは難しいのではないでしょうか。控え目で相手に必要以上に気を使ってしまう、日本人に多く見られる特徴は長所でもあり短所でもあると思います。
現に、私も返してと言えなかったことが何度もありました。それは仲の良い友達などであれば尚更でした。まだ待って欲しいと言われてしまうと相手が言い出すのを待つ他なく、それによって関係が悪くなることを恐れてしまうからです。
人にお金を貸す時は返ってこないものだと思え、と親に言われたことがあります。過去に父は、親戚にお金を貸したがその後連絡が取れなくなってしまったことがあったのだと言います。そして、私も他人にお金を貸すときは返ってこなくてもいいやと思うようになりました。私が話した中で何人も同じ考えを持っている人がいました。ということは同時にお金を借りて返さない人が同じだけいることになります。
借りた側の立場で考えれば、返さなくて済んだということになるのでしょう。すると再び同じことを繰り返してしまうのではないでしょうか。お金を貸してと言ったもん勝ちというのは間違っています。
借りたお金を返さない人は勿論のこと、私も含め、返してくれという勇気がないということは良くないと思います。その勇気を持つことが必要だと私は考えます。
そんなこともあり僕は人からお金を借りたいとは思いません。
もしお金に余裕が無くなってどうしても必要になったら消費者金融から借ります。

そうなったらどこで借りるのがいいのか調べて見ました。=>お金借りるなら!

お金を貸してくれる会社は無数にありますが、全ての会社が健全な営業をしているとは限らないんだそうです。一度借りたらこちらの持っているお金すべてをとられてしまうことだってあります。信頼できるかどうかで選ぶならやっぱり大手の消費者金融がいいみたいです。

ホームページもしっかりしているので、安心できます。